ドキュメンタルでの山本(極楽とんぼ)を見た感想をば!

ドキュメンタル

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは、Amazon Primeのオリジナルコンテンツであるドキュメンタルに極楽とんぼの山本が出演したのをご存知でしょうか?

極楽とんぼ山本と言えば、2006年に不祥事を起こしたことで吉本興業から解雇されて以来、10年以上お笑いの世界から遠ざかっていました。

ところが、ここ1年くらいで個人的にお笑いライブを開催したことをきっかけにテレビに少しずつ出始め、極楽とんぼとしての活動も再開させています。

吉本興業にも復帰を果たしています。

そんな山本が、ドキュメンタルで奮闘していた様子を見た感想を記事にしたいと思いますー。

僕はめちゃイケ世代ドンピシャなので、謹慎前の山本を思い出しつつドキュメンタルに出ていた山本を見てどう思ったか書いていきます。

正直、ネタバレするので、実際にドキュメンタルを見て山本の姿を見てみたいという方は、下記記事を参照しながらAmazon Prime 30日間無料体験を通してドキュメンタルを見てみて下さいー。

※2019年4月現在、ドキュメンタルはシーズン1〜7まで配信されていますが、山本が出演しているシーズンは3のみです。

 


目次

ドキュメンタルでの山本は守備に強かった

ドキュメンタルと言えば、10人の芸人同士が一つの空間で笑わせ合って、最後まで勝ち残った芸人が1000万円を勝ち取って優勝!というルールです。

そのため、笑わせる力と笑いをこらえる力の両方が必要となります。

ドキュメンタルでの山本は、笑いをこらえる力がとてもすごかったです。

序盤は、まだドキュメンタルのシステムに慣れていなかったのか、ニヤニヤ笑ってしまってイエローカード、オレンジカードを立て続けにもらっていました。

しかし、2枚カードをもらって、次のレッドカードをもらったら退場という状況になってからはスイッチが入ったのか、ほとんどニヤッともしなくなりました。

そればかりでなく、笑わせてポイントを得るシーンもあり、芸人山本の地力を垣間見たなーと思いました。

なんだかわからないけれど、おもしろい。そんな山本をドキュメンタルで見たように思います。

ここから先は詳細に書いていきますー。

ドキュメンタル3 エピソード1での山本

他の9人の芸人にめっちゃ驚かれていた。

山本が10人目のプレイヤーとして登場した時、他の9人の芸人(TKO 木下隆行、ケンドーコバヤシ、野性爆弾 くっきー、フットボールアワー 後藤輝基、レイザーラモンRG、サンドウィッチマン 伊達みきお、ロバート 秋山竜次、オードリー 春日俊彰、プラス・マイナス 岩橋良昌)はめっちゃ驚いていました。

山本が謹慎中の間に活躍していた芸人ばかりなので、僕の目にはとても新鮮な感じがしました。

山本はとても面白い芸人なのに、いま活躍している芸人達とほとんど絡んだことがなくて、どういう闘いが展開されるのだろうとわくわくしましたねー。

山本にとっては、地上波に対するプレゼン

山本は、復帰して間もない状況を受けて、ドキュメンタル出演について地上波に対するプレゼンだと言っていました。

実際に、ドキュメンタル3に出演して以降、メディアへの露出が増えているように思います。

山本をキャスティングするあたり、松っちゃんの粋な計らいのようなものも感じました。

素振りしてお腹がちらちら見えていたのが面白かった

ドキュメンタル3がスタートし、山本がチャンバラのようなものを素振りしているシーンがあって、素振りする度にお腹がちらちら見えるのですよね。

これ、個人的にちょっと面白かったです。笑

トランペットを吹く

ドキュメンタルでは笑わせるにあたって、ほとんど何でもありで、トランペットのような小道具もあります。

序盤、山本はトランペットを吹いたりしていました。

誰も笑わなかったですが、どうやって他の芸人を笑わせるか試行錯誤をしていた感じが伺えました。

ニヤケ顔になりイエローカードをもらう

笑ってはいけないルールにいまいち適応出来ていなかったのか、しばしばニヤケ顔をしていたら、遂にイエローカードを出されてしまいました。

ドキュメンタルに出演して、いま活躍している芸人と絡んで、単純に楽しくてニヤけてしまったのかなとも思います。

ちなみに誰よりも早くイエローカードをもらったのが山本でした。笑

ドキュメンタル3 エピソード2での山本

低周波マッサージ機でケンコバに攻撃

低周波マッサージ機をケンコバに貼りつけて強めに設定し、笑わせようと仕掛けましたが誰も笑いませんでした。

仕掛けられたケンコバの方がおもしろいやリアクションが出来るわけなので、ある種山本は攻められていると言えますよね。笑

仕掛けているんだけれど、攻撃されている。でも攻撃されていることにイマイチ気づいていない。そんな山本が面白いです。笑

フットボールアワー 後藤に謹慎中のことを尋ねられる

同じ芸人なら知っているだろうに、あえて謹慎中のことを何も知らなかったかのように普通に尋ねるのとか笑ってしまいますね。

低周波マッサージ機を山本がずっと持ってうろうろしていたので、10年間それ売ってはったんですか?と突っ込まれていました。笑

またニヤケてしまってオレンジカードをもらってしまう

まだ順応出来ていなかったのか、またニヤケてしまってオレンジカードをもらってしまいます。

いち早く退場までリーチになってしまう山本ですが、ここから本気スイッチが入ります。

チャンバラでみんなを叩きまくる

退場までリーチの状況になり、開き直ったのかチャンバラでみんなを叩きまくります。

これには松っちゃんもいいぞいいぞと言っていました。

めちゃイケでの極楽とんぼでの喧嘩シーンを思い出させましたねー。

このシーン面白かったです!

めちゃイケのスモウライダーを思わせる格好に着替える

いよいよ山本が脱ぎ始めます。

めちゃイケのスモウライダーを思わせるような格好で、僕は懐かしいなーと思いながら見ていたのですが、ケンコバにスルーされていました。笑

ドキュメンタル3 エピソード3での山本

プラス・マイナス 岩橋のトランペット攻撃に耐える

プラス・マイナス 岩橋がトランペットを吹くと、いい音が出たり出なかったりで音で笑ってしまいそうになるのですが、山本はしっかり耐えていました。

ここからは守備が本当にすごかったです。

ケンコバと張り手をやりあう

ケンコバは大変なプロセス通ですが、そういえば山本もめちゃイケの企画でよくプロセスをしていましたよね。

誰が笑うわけでも無かったですが、山本がケンコバに張り手をしている時、僕はめちゃイケプロレスが思い出されて微笑ましかったです。

プラス・マイナス 岩橋の頭を刈る、切る

プラス・マイナス 岩橋がかなり体を張っていて、髪がうざいので刈ってくださいと山本にお願いをしていました(きっと、山本が坊主だからですね 笑)。

お決まりで、山本がアタッチメントを付けずに岩橋の頭を刈りこんだり、ハサミで無作為にジョキジョキ切ったり、中央からバリカンを入れたり、結構攻めていました。

ドキュメンタル3 エピソード4での山本

ケンコバに休養中のことを深く追求される

フットボールアワーの後藤にもやられていましたが、今度はケンコバから、なんで休んでいたのか追求されていました。

しどろもどろになって答えている山本にケンコバが容赦無く深く追求していたシーンは見ものでしたねー。

ロバート秋山を笑わせる!

みんなで一斉に甘いものや辛いものを食べても何も感じなくなるという不思議サプリを舐めてシロップやからしを食べてみるという下りがありました。

山本はその下りが一段落しても、ずっと舐めていて、ある時舌の上でずっと舐めていた不思議サプリ2枚を見せたら、ロバート秋山が吹き出しました。笑

山本がついに1ポイントを獲得した瞬間でした。

何でとっくに終わったのにずっと舐めてたんだろう。

その意味不明な不思議さがロバート秋山を笑わせていました。

ゾンビタイムで今昔庵に扮したRGに久しぶりですねと言われる

シーズン3から導入されたゾンビタイムはドキュメンタルをさらに面白くした新ルールでした。

笑ってしまって退場した芸人が一時的に復活して、生き残っている全員を笑わせたら、参加費の100万円が返ってくるというシステムです。

ゾンビタイムの一発目で、レイザーラモンRGが扮した今昔庵という飲食店のマスターに山本が「久しぶりですね」と言われていました。笑

そりゃそうなのですが、山本は笑うことなく耐えていました。

やっぱり守備力がとてもすごかったです。

TKO木下と一騎打ちに

他の8人の芸人が笑ってしまって退場し、残りはTKO木下と山本の2人になりました。

何だかわからないけれど、最後まで残ってしまう山本に芸人としての地力を感じました。

スポーツでも、特別強い要素はないのだけれど、とにかく勝ち続ける選手やチームというものがあったりしますよね。

僕は山本に対してそんな印象を受けました。

2人きりなのに低周波マッサージ機をTKO木下に仕掛ける

低周波マッサージ機は仕掛けられた方が面白いリアクションが出来るので有利なのですが、山本は二人きりなのにも関わらずTKO木下に低周波マッサージ機を仕掛けました。

そして、笑いを堪えていました。笑

仕掛けているようで、攻撃されている。

そして、意図せずそんな状況をつくってしまうことに山本の面白さがあると思います。

松っちゃんのツッコミが入って、めっちゃ笑ってしまいました。

松っちゃん「山本、わかってるか。。それお前が攻められてんねんで。笑」

ドキュメンタル3 エピソード5での山本

にらめっこを切り出す山本

二人きりなので、もう最後はにらめっことかになってくるのですね。

松っちゃんは、まじか山本、ここへ来てにらめっこかよと突っ込んでいました。笑

TKO木下も割とすぐにらめっこするのをやめていましたね。笑

着替えに時間がかかり過ぎる山本

にらめっこをやめて、キャバレー風の女装をし出したのですが、着替えに時間がかかり過ぎて松っちゃんにゾンビタイムいかれへんと突っ込まれていました。笑

着替え終わってからは、TKO木下とミニコントをしたりしていましたが、両者とも笑うことはありませんでした。

3連続ゾンビタイムに耐える山本

①春日があそこから、卓球のラケットを出す
②サンドウィッチマン伊達(テレンス・リー)・RG(今昔庵)・くーちゃん(得体の知れないもの)
③ケンコバ・くーちゃん・春日による顔を透明な風船のようなもので膨らませる

この3連続ゾンビタイムがすごかったですね。

二人ともタイムアップまで耐え切りました。

そして、優勝者の決定です!

山本が1ポイント差で優勝!

山本が秋山を不思議サプリで笑わせた1ポイントが効いて、山本がドキュメンタル シーズン3の優勝者になりました!

1000万円を勝ち取った訳です。

何だかんだで優勝しちゃう山本はやっぱり芸人としての力がすごいのだと思います。

僕は山本が優勝して、何だか嬉しかったです。

おわりに

ドキュメンタル3に出演していた山本を見た感想はこんな感じです。

  • 守備力が半端なかった
  • ちょっと天然っぽく抜けているところがおもしろい
  • 芸人としての地力を感じる

これから地上波にもどんどん山本の露出が増えてくれたらなと思います。

めちゃイケは終わってしまいましたが、芸人山本は健在だなーと、ドキュメンタル3を見て思いました。

あなたにもぜひ、実際の動画で山本の勇姿を見てほしいです!

Amazon Prime 30日間無料体験を試すと、山本が出演しているドキュメンタル シーズン3を視聴することが出来ます。

無料体験期間中にキャンセルをすれば、無料で視聴出来るので気軽に試せていいんですよー。

ドキュメンタルを視聴する方法は下記記事でまとめているので、よかったらどうぞですー。

それでは、山本の勇姿をとくとご覧あれー。