その人が価値観を押し付けてくる理由6選。押し付けは話半分も聞く必要がありません。

Designed by Ijeab
らくに生きるヒント

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは最近特定の人からの価値観の押し付けにしんどいと感じているでしょうか。

ほっといて自由にさせてくれればいいのに、絡んできてはあれやこれやとアドバイスめいたことを言っては価値観を押し付けてくる人と接するのは体力がいりますよね。

僕の身の回りにも価値観を押し付けてくる人がいて、何でこんなにもこの人は価値観を押し付けてくるのだろうと考えながら話していたら、価値観を押し付けてくるのにはいくつか理由があるんだなと感じるところがありました。

今日は僕が思う、人が価値観を押し付けてくる理由について記事にしてみます。

嫌なことをされた時に、この人は何でこんなことをしてくるんだろうという理由がわかれば、少しは楽になると思うんですよね。

この記事が、あなたを楽にさせる一助となればいいなと思っています。

それでは早速いってみましょー。


価値観を押し付けてくる理由①: 自分の価値を確かめたいから

価値観を押し付けてくる人は、自分の価値を疑っていて自分の価値を確かめたがる傾向があります。

アドバイスのように価値観を押し付けて、アドバイスを受けた人がそのアドバイスによってより良くなったように見えた場合、価値観を押し付けた人は勝手に満足をして自分に価値があるように思えるんですよね。

例えば、過保護な親というのは、子供に対して自分の言うことに必要以上に従わせて、親が自分の価値を確かめているのだと思うんです。

価値観を押し付けてくるその人は、自分の価値に自信が持てなくて不安な気持ちになっているのかもしれません。

価値観を押し付けてくる理由②: 正義感が強いから

価値観を押し付けてくるその人は、正義感が強い人が多いです。

正義感が強い人というのは、何事にも正しいことというのが絶対存在すると信じている人で、その正しさから外れている物事を見るとイライラして他人に絡まずにはいられないのです。

例えば、会社で一緒に働いている人の批判をよくしている人は正義感が強い人だと思います。

誰かの言動の批判をしては自分の言動と対比させて、自分は正義のもと正しく行動している、大丈夫。と自分が感じていたいのかもしれませんね。

価値観を押し付けてくる理由③: 英雄になりたいから

価値観を押し付けてくるその人は、”あなたのおかげで〜”と言われたい気持ちが強い傾向があります。

英雄になれるくらいに人から感謝されれば自分の価値を感じやすいので、相手の状況を考えないままにただ価値観を押し付けてしまうのです。

例えば、聞いてもいないのに「こうするといいよ」、「それはしないほうがいいよ」とあれやこれや助言めいたことをしてくる人はその典型です。

その人は、あなたのおかげで人生が変わった、あなたは私の英雄。などと言われたいのです。

価値観を押し付けてくる理由④: 孤独だから

価値観を押し付けてくるその人は、孤独であり、心のどこかで心が通じ合う人とのつながりを求めています。

価値観を押し付けるのは、価値観という深いレベルでのつながりを求めているからです。

職場の上司でも、仕事というのは〜などと言いながら会社組織の枠を超えた一個人の価値観を押し付けてくる上司・先輩がたまにいますよね。

そういう人たちは実は心の奥底では寂しいと感じているのだと思います。

孤独に強く、個人の存在を認めている人は価値観を人に押し付けるなんてことはしないものです。

価値観を押し付けてくる理由⑤: 自分が正しいと思い込んでいるから

人間誰しも、自分の考えていることは正しいと思いがちですが、価値観を押し付けてくるその人は、自分が正しい思っている気持ちが強いです。

自分が正しいとも思えていないことを人に押し付けたりはしないもので、その人は、自分は正しいと心から思っているから他人に価値観を押し付けられるのです。

頑固な家族・親戚の中で人生とはこういうもんだ!などと語ってくる人は自分の人生が正しかったと心から信じています。

人間いつも正しくいられるわけではなく、完璧でないことを知っている人は他人に価値観を押し付けたりはしません。

価値観を押し付けてくる理由⑥: 自分がされたことに対する恨みがあるから

価値観を押し付けてくるその人は、過去に他人から価値観を押し付けられた経験を消化出来ずに恨みの感情が残っている人がいます。

自分の辛かった経験を消化出来ずにいると、「自分はあんなひどいことされてきたんだ」などと思ってしまって、今度は価値観を押し付ける側になってしまうのです。

先輩後輩、師弟関係において、教える側が過去に教えられた時の嫌な経験に対して恨みの感情が残っている場合に、嫌だったのにも関わらず先輩と同じ教え方をしてしまうのは、その人がまだ恨みの感情が残っているからだと思います。

過去の先輩の教え方に疑問を持っていて嫌だったのであればもっとより良い教え方で自分が後輩に教えてもいいはずです。

それが出来ないのは、きっと過去に先輩から教えられた時の恨みの感情が残っているからだと思います。

おわりに

今回は、人が価値観を押し付けてくる理由を見てきました。

ここで、おさらいをしておきますー。

  • 自分の価値を確かめたいから
  • 正義感が強いから
  • 英雄になりたいから
  • 孤独だから
  • 自分が正しいと思い込んでいるから
  • 自分がされたことに対する恨みがあるから

価値観を押し付けてくる人ほど、「あなたのため」ということを強調してきますが、実際は自分のために価値観を他人に押し付けています。

価値観というのは人の数だけ存在します。

家族でさえ、親子間でも兄弟間でも価値観が全く一緒ということはありません。

あなたはあなたの価値観を持っていていいんです。

誰かの助言を聞くのなら、あなたが助言を聞きたいと思う人の助言を聞いていればそれで十分です。

頼んでもいないのに勝手に価値観を押し付けてくる人の言う助言は聞く必要がありません。

あなたがあなたの価値観であなたらしく暮らしていけますように。

それではー。