人生の選択に迷ったら、運や縁をたよりに流されよう

Tree photo created by freepik - www.freepik.com
らくに生きるヒント

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは今、人生の岐路に立っているでしょうか。

何十年と生きていると、この先の人生を左右するような選択をする必要があるタイミングが何度か訪れますよね。

僕は人生の選択についてとても興味があって、人はどんな時にどんな理由でどんな選択をしているんだろうと思っては、本を読んだりドキュメンタリーを見たりしています。

ちなみに昨年は、新築マンションの購入、結婚など、僕にとって人生の節目が多く、その度に人生の選択をしてきました。

その結果、いまは奥さんと新しい環境で幸せな時間を過ごしているのですが、僕が行ってきた人生の選択を思い返してみたときに、わかる!と共感できる事が書かれた本を最近読みました。

それが、森本千絵さんのアイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話という本です。

森本さんは博報堂出身のアートディレクターです。

過去にMr.children、松任谷由実さんのアルバムジャケットやNHK朝の連続テレビ小説のオープニング映像、その他数々のCMを作られてきた非常に有能な方です。

そんな森本さんがしてきた人生の選択の仕方に共感できる事が多く書かれていたので記事にしてみます。

人生の選択に迷っているあなたにとっても、より良い人生の選択をするためのヒントになると思います。

それではさっそく見ていきましょー。


人生の選択に迷ったら、流れに乗る

私が何かを決めるときはいつも、自分の意志だけでなく、そうせざるを得ない物事に出会うのです。
自分の力だけではどうにもできない、抗えないことが起こる。そうなると、どんな出来事もそこに向かうためのきっかけに思え、すべてはご縁のような気がしてきます。

「その波に抗わず、流されなさい」と教えてくれたのは母親でした。

森本 千絵. アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話

森本さんは人生の選択をする時に、縁を大切にして人生の流れに乗るようにしているようです。

わかりやすいエピソードが、森本さんの大学受験のエピソードですね。

森本さんは武蔵野美術大学に入ることを目指して予備校にも通っていたそうですが、受験に落ちてしまったそうです。

ところが、武蔵野美術短期大学の方から欠員の連絡を受けて補欠入学しませんか?と森本さんのところにお誘いの連絡が入ります。

補欠入学ということにプライドが許さずに断ろうとしていたところ、お母さんから「流された方がいい」と言われたことがきっかけで入学を決意したそうです。

“流される”と聞くと、よく聞こえないかもしれませんが、僕は決して悪いことではないと思います。

僕がマンションを購入した時は、なんとなく彼女との結婚を考えていた時で一緒に住む家を探していた時でした。

電車の広告で二人にとって馴染みのある沿線での新築マンションの広告を見かけて二人でモデルルームに行ってみました。

そうしたところ、複数部屋は空いていたのですがピンとくる間取りは一つだけでした。

さすがに、その場での購入はせずに1週間持ち帰って検討したところ、そのマンションの番地がゾロ目で僕の誕生日も同じ数字のゾロ目で偶然一致していた事がわかりました。

1週間後に再び内見をしにいったところ、その間取りの部屋は運良くまだ空いていてその日のうちに申し込みを入れました。

しばらく経って、うちの父親から番地と誕生日が一致していることについて「狙ったのか?」と言われましたが、本当にただの偶然の一致でした。

ただ、その住所の番地を見た時になんだかマンションを購入する背中を押されたような気がしたのは確かです。

森本さんの流れに乗る人生の選択というのはこのようなことなのかなと思いました。

人生の選択に迷ったら、力を抜く

サーフィンでよくいわれるのは、「大波に巻かれたときは胎児のようにただ巻かれろ」ということです。頭でその理屈はわかっていても、
実際に溺れると、人はもがくし、泳いで陸に戻ろうとするものです。しかし泳いで戻ることなど絶対に無理で、体力が失われるだけ。海の事故のケースの多くは、自分の力で泳ごうとするからだといわれています。
だから力を抜いて流される。だけど流されるときは、力は抜きながらも、「絶対生きる」、「大丈夫だ」と思いながら流されること。それくらい、「生きよう」という想い、エネルギーは大事です。

森本 千絵. アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話

森本さんはサーフィンをやっています。

これまでにビッグウェーブに巻かれて意識を失ったこともあるようです。

大波に巻かれて、胎児のようにただ巻かれろというのはとても勇気の要ることだと思いますが、自分の力で泳ごうとすると逆にダメなのですね。

力を抜きつつも、強い気持ちを持っていることというのは、普段の人生においても生かせる考え方だと思います。

つまるところ、心は熱く頭は冷静にということですよね。スポーツでも鉄則です。

人生の選択において、良い方向に流されるためには力を抜く事が必要です。

自分が進んで行きたい方向に情熱を持ちながらも、力を抜いて大きな人生の流れを感じ取って人生の選択をすると良いと思います。

力を抜くというのは、人生の様々な選択肢に対して柔軟に考えるための準備につながっています。

人生の選択を後押しされるような出来事があったか考えてみる。

あることを考えているそのときに、その人やものに関わる仕事に出会うということがよくあります。そういうときは自分の考え方は間違っていない、これでいいんだと人生の答えのひとつを目に見えない大きな力が認めてくれているような気がします。

森本 千絵. アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話

先ほどのマンションの番地と僕の誕生日の偶然の一致の話では無いですが、僕はそのような縁を感じるようなことを人生の選択の際に少し参考にしているところがあります。

例えば、僕が結婚を決めたのは彼女のことを人として好きだからというのはもちろんですが、一方でこれまた偶然の一致かということが下記のようにありました。

  • 僕と彼女の妹の誕生日が一緒
  • 彼女と僕の父親の誕生日が一緒
  • 彼女の名前に僕が生まれ育った町の漢字が入っている

このような偶然の一致があったから結婚を決めたわけではもちろん無いですが、ほんのささいな参考にしました。

彼女と結婚するといいという事なのかなーとかぼんやり考えていましたが、実際に昨年結婚をしましたね。

あなたも、今しようとしている人生の選択においてこのような偶然の一致があったりするでしょうか。

そのような偶然の一致を運や縁というように前向きにとらえて人生の選択をしていくと、楽しみながら素敵な人生の流れに乗れるのではないかと思います。

人生の選択をした後は、自分の人生を演出して変えていく

結果的にいいタイミングだったと思えるように、自分で人生を演出し変えていけばいい。人生は、自分の思い込みで何とでも変えられます。

「人生は入口が大切なのではなくて、入ったその場所であなたがどう生きていくかで決まる。だからこういう運や縁に流されて生きなさい」

森本 千絵. アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話

後半は森本さんのお母さんの言葉です。

僕は、どんな環境においても柔軟に自分を変化させてその場所で可能な限りの最高のパフォーマンスを出そうとする事ができる人は強いと思います。

人生の選択において、Aを選んでもBを選んでも不安はつきものだと思うんです。

そして、究極を言うと、AでもBでも人生の選択に正解は無いのではないかと思います。

人生の選択をする時に悩み抜いて、ベストな選択をした後はもうその環境でやっていくしかありません。

その環境でどう生きるかによって、当時の人生の選択が良かったのか悪かったのか変わってきます。

結局は自分次第ということですよね。

これは考え方によっては、自分次第でその時の人生の選択を正しかったとすることもできるし正しくなかったとすることもできるということです。

だから、必要以上に人生の選択に臆病になる必要はありません。

選択をした後にどう生きるかの方が何倍も大切です。

おわりに

今回は、人生の選択に迷ったら、運や縁をたよりに流されようという話を森本千絵さんのアイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話の内容を引用しながら見てきました。

ここらで人生の選択のヒントをおさらいしておきますー。

  • 人生の選択に迷ったら、流れに乗る
  • 人生の選択に迷ったら、力を抜く
  • 人生の選択に迷ったら、選択を後押しされるようなことがあったか考えてみる。
  • 人生の選択をした後は、自分の人生を演出して変えていく

年齢を重ねるにつれて、重要な人生の選択が多くなってくると思います。

人生の選択をする時は、人生の大きな流れに乗りつつ、選択をした後に自分自身で良い方向に人生をアレンジしていけば良いです。

そうすることで人生の大きな流れに乗った楽しい人生になると思います。

力を抜いていきましょー。

森本千絵さんのアイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話ですが、僕は読後感として身体の力が抜けてリラックス出来た感じがしたのですよね。

本を読んだ後に実感として身体の力が抜けたのは初めてでした(ヨガの本とかでは決してないんですけれど 笑)。

心と体はつながっていると言います。

この本は凝り固まった心をほぐしてくれます。

だからこそ、身体の力が抜けたのだと思います。

人生の選択に迷って、心がガチガチになってしまっていて、心に柔軟さを取り戻したい方にはおすすめの本です。

本を読みながらリラックスする事ができますよー。

あなたが力を抜いて、素敵な人生の大きな流れに乗ることができますように。

それではー。