真面目すぎてストレスがたまって辛いあなたへの処方箋 5選。

真面目すぎる ストレス
Business photo created by katemangostar - www.freepik.com
らくに生きるヒント

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは自分の性格が真面目すぎて疲れてしまうということはありませんか?

仕事場でたくさんの他人に囲まれて、責任を背負いながら仕事をこなしていくというのは並大抵のことではありません。

真面目な人というのは誠実で、責任感が強いのでどんな仕事にも一生懸命取り組みます。

それが故に、困難にぶち当たる中でストレスを抱えやすいのです。

かくいう僕は、真面目歴31年です(生きてきた年数)。

仕事に関しては毎日一生懸命やっている自負はあるのですが、一生懸命すぎるのか、家に帰るとヘトヘトになっています。

ワークライフバランスが偏っている感じですね。

このままではよくないなということで、下記、和田秀樹さんの「まじめ」な人が一番強い! を読んでみたんです。

読んでみたところ、まじめな人が救われる内容がたくさん書かれてありました。

そこで今回は、真面目すぎてストレスがたまってしまうあなたに、和田秀樹さんの「まじめ」な人が一番強い! の中から処方箋として印象に残った言葉を紹介しながら、31年真面目をやってきた僕の考えも一緒に書いていきたいと思います。

それではさっそくいってみましょー。


真面目すぎてストレスなあなたへ①: 自分を守りすぎない

「自分をポーンと投げだしてみる」──まじめな人に欲しいのは、この、思い切り、ではないでしょうか。

和田 秀樹. 結局、「まじめ」な人が一番強い! (ワイド新書)

まじめな人は、他人の気持ちを感じ取る能力に長けていることから、行動が控えめになりがちですが、自分をポーンと投げ出すような思い切りを出すと良いです。

真面目な人は他人のことが気になって声をかけてみようかなと思っても、他人に声をかける自分が他人にどう映るかを気にして結局声をかけられなかったりします。

例えば、今具合悪そうな女の子に声をかけたら他の人に「誠実さをアピールしてんのかな」とか、「誰にでも優しくしてるよね」とか言われたら嫌だなと思って声をかけないことがあるのが真面目な人です。

ところが、後述しますが他人のことはコントロールできません。

他人の気持ちをいちいち気にしていたら、何もできなくなってしまいますし、何より自分の考えを素直に表現できなくてガチガチになってしまってストレスを溜めてしまいます。

本来真面目な人が持っている他人に対する思いやりの部分が発揮されてストレスが溜まらないようにするためにも、自分の思いやりの優しい気持ちに自信をもって思い切って行動してみると良いです。

そんな真面目な人を必要としている人がいるものです。

真面目すぎてストレスなあなたへ②: 真面目なことを肯定してあげる

自分を好きになったときには、気持ちもやわらかくなって長所がどんどん表面に出てきます。逆に、自分のまじめさを疎ましく思うようなときには、マイナス面が表に出てきます。

和田 秀樹. 結局、「まじめ」な人が一番強い! (ワイド新書)

真面目な人は、自己肯定感が比較的低いです。

基本的に理想が高く、完璧主義なところがあるため、その理想に達していないときはいつも自分を悔やんでいます。

悔やみ続けていると、「自分はダメなんだ」と思ってしまって自己肯定感が下がっていくのです。

でもですね、真面目な人というのは本来とても魅力的な人です。

例えば、最近、たまに一緒に仕事をすることになった女性の同僚がとても誠実で真面目な人なのですが、その人からは魅力がにじみ出ています。

何か仕事で壁にぶち当たると、彼女はどんなに夜遅くまでかかっても壁を乗り越えようとします。

そんな姿を見ていると、助けたくなりますし、また一緒に仕事をしたいなと思ったりします。

そして、みんなからいじられながら愛されてるんですよね。

そんなキャラを持った人は多くいません。

あなたの真面目さ・誠実さは貴重な才能の一つなんです。

それを認めてどんどん真面目な魅力を発揮してほしいなと思います。

真面目すぎてストレスなあなたへ③: ベストを尽くして割り切る

「やるだけのことはやったんだ」と思いなおすことです。「ベストを尽くしたんだから、これでいい」と割り切ってしまうことです。

和田 秀樹. 結局、「まじめ」な人が一番強い! (ワイド新書)

真面目な人は、一生懸命にやってベストを尽くしたら割り切るのが良いです。

前途した通りに、真面目な人は誠実で責任感が強いので失敗しないように一生懸命取り組みます。

そもそも、ベストを尽くさない人が多い中でベストを尽くすのですから、その時点で真面目な人は素敵だと思います。

何か自分が携わっているプロジェクトでうまくいかないことがあると、「自分が対応した内容が悪かったのかな」などと、自分があまり関連していなくても自分の責任だと感じてしまうくらいです。

でも、真面目なあなたはいつもベストを尽くしているのではないでしょうか?

毎日ヘトヘトになるまで、誠実に仕事に取り組んでいると思います。

それでうまくいかなかったとしたら、もうどうしようもありません。

そこを割りきらずに、何が何でも解決しようと自分の体を壊してまで頑張ってしまっては元も子もありません。

ベストを尽くしたら割り切る。

その考え方が、ストレスを溜めないために重要です。

真面目すぎてストレスなあなたへ④: ミスしても大丈夫

ふだんは几帳面で慎重な人が、ちょっとしたミスを犯すとシュンとなってしまいます。「ああ、わたしって何やってるんだろう」と落ち込んでしまいます。その様子が、こういってはなんですが、可愛いのです。

和田 秀樹. 結局、「まじめ」な人が一番強い! (ワイド新書)

真面目な人がミスをするとかわいいですね。笑

なぜかわいいかというと、普段一生懸命に誠実に取り組んでいるのがわかるからドンマイ、大丈夫って思ってしまうんです。

不誠実な人がミスしたら、これは何もかわいくもありません。

普段から真面目に仕事をしていないからミスしたりするんでしょうと思うものです。

ところが、普段真面目な人が仕事に取り組む姿勢というのを周りの人はよく見ています。

毎日ベストを尽くしてくれている中で起こったミスというのは、仕方ないというのを周りの人もわかるものです。

だから、次回同じミスをしないようにだけ気をつけて切り替えていけばOKです。

真面目な人は、普段から誠実に仕事に取り組んでいます。必要以上にミスを恐れてストレスをためる必要はありません。

真面目すぎてストレスなあなたへ⑤: 弱音を吐いたっていい

まじめな人が、ふと弱音を漏らしてくれたり、疲れてへたり込んだりといった様子を見せると、周りの人はかえって安心するのです。急に親しみを感じたり、ふだんだったら飲み込むようなことことばを気楽にかけてみたくなるのです。

和田 秀樹. 結局、「まじめ」な人が一番強い! (ワイド新書)

真面目な人は、自分の役割は周りの人に迷惑をかけずに全うしようと思っています。

そのため、他の人に助けを求めるときは自分で考え切った後に助けを求めます。

周りの人にとってしてみたら、もっと早く聞いてくれたらよかったのにと思うくらいです。

そこは、もしうまくいかなくて他人から怒られてしまったら、、などと考えるので他人を頼るのがこわかったりするのが真面目な人です。

前途したように、真面目な人の誠実に取り組む姿勢というのを周りの人は見ています。

真面目な人が助けを求めると、この人が助けを求めてきたということは、よっぽど困っていたんだな、しっかり助けてあげようと思ってくれるものです。

むしろ、助けを求めたほうが、真面目な人が持っている周りとのコミュニケーションの壁を壊すことにつながっていきます。

そうすれば、真面目な人もより助けを求めやすくなりますし、1人で抱えているものも周りと分散させることができるためストレスを少なくすることができます。

周りに頼っても、真面目なあなたが見捨てられることはないです。

大丈夫です。

おわりに

ここまで、真面目すぎてストレスがたまって辛いあなたへの処方箋ということで5つ見てきました。

ここらでおさらいをしておきますー。

  • 自分を守りすぎない
  • 真面目なことを肯定してあげる
  • ベストを尽くして割り切る
  • ミスしても大丈夫
  • 弱音を吐いたっていい

以上の5つになりますー。

まず、大前提として真面目であるということはとても魅力的なことです。

その真面目な性格をあなたが持っているのですから、そのことに自信を持っていただきたいなと思います。

そしてあまり意固地にならずに、1人で抱え込まずに周りの助けをもらいながら誠実のままで日々仕事などに従事することでストレスを減らせると思います。

今回ご紹介した和田秀樹さんの「まじめ」な人が一番強い! では、あなたのような真面目な人が真面目であることに自信が持てるようなことがたくさん書かれています。

この記事で引用したフレーズはほんの一部です。

この本を読むことで、真面目な性格でいながら日々自信を持って暮らしていけばいいんだと晴れ晴れとした気持ちになることが出来ます。

よかったらぜひに。

それではー。