wordpressでgravatarを使ったプロフィール画像を設定する時の注意点

Designed by Freepik
ブログ運営

こんばんは、すがどん(@sugadon0111)です。

ブログをやられている方々でwordpressを使用されている場合、gravatarによってプロフィール画像を設定出来ることをご存知の方もいらっしゃると思います。
でも一回も使ってみたことがないという下記のような方々に向けて今日は書いてみます。

「そもそもgravatarって何?」
「gravatarを使ってwordpressのプロフィール画像を設定する方法を知りたい」

さらに、昨日私はgravatarを使用してプロフィール画像を編集したのですが
設定時に1時間程ハマってしまったので、同じ事で皆さんがハマらないように設定時の注意点を記載しておきます。


gravatarとは

Gravatar は、ブログやコメントを投稿する際に名前の側に表示される画像です。アバター画像があるとブログやフォーラム上で誰が発言しているのか分かりやすくなります。他にも色々なサイトで利用できます。

gravatar – 公式ページより

実際の例で見てみると、僕はswallowというブログテーマを使用していますが、下記青色で囲んだところがgravatarによって表示されているプロフィール画像になります。

gravatarの設定方法

他の方のブログでかなり詳しく書かれているので、設定方法はシンプルに書かれている下記ブログ記事にお任せします。

WordPressにGravatarを導入してアバターを設定してみよう!

上記記事を見ていただけるとわかるように、手順がすごい複雑というわけではないですよね。
僕からは設定時の注意点についてお伝えしておきます。

gravatarの設定時の注意点

gravatarで使用したい画像をアップロードすると、下記のように画像のトリミング用画面が現れるので
丁度いいサイズにトリミングする必要があるわけですが、このトリミングの作業時に不思議な事象が見られました。

それは、画像のトリミング後に不要な線が入ってしまうことです。

これがトリミング画面を開いたときの状態です。

Crop Imageをクリックしてトリミング後の画像を見てみると、
なんという事でしょう。入れた覚えの無い線が一本入っているではありませんか。
原因は結局分からずじまいなのですが、この線はブログ上のプロフィール画像にも反映されてしまうので見栄えが悪くなってしまいます。

解決方法は、下記のように枠よりも少し小さめにトリミングすることです。

そうしたところ、不要な線は消えてなくなりました。

最後に

gravatarに画像を設定する際は、トリミングする時の画像の大きさを気持ち小さめにして
不要な線が入らないようにしましょー。