高速バスでの過ごし方どうしてる?快適に過ごすヒント 8選

Designed by Freepik
らくに生きるヒント

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは、高速バスをよく利用しますか?

最近では、格安の高速バスがたくさん出ていて、節約のために利用する人も多いと思います。

僕は実家が宮城なので、よく帰省する際に高速バスを利用します。

このGWも高速バスを利用して帰省しました。

新幹線の半額以下で帰省が出来ちゃうのでお得なんです。

一方で、移動時間は新幹線の2〜3倍かかります。

それが難点なのですが、高速バスでの過ごし方を工夫すれば新幹線よりもメリットが多いと感じます。

今日は高速バスで快適に過ごすためにみんなはどうしているかTwitterから見てみます。

僕も高速バスを利用するようになって、15年くらい経つので自分の考えも合わせて述べてみますー。


高速バスでの過ごし方その1: 枕を利用して寝る


高速バスでは寝てる人多いです。

そして、枕を利用する方もチラホラ見られます。

あった方が間違いなく快適だと思います。

特に夜行バスの場合は、外の景色が暗くてよく見えないし、みんな寝ていて静かなので連れの人と話も出来ません。寝るしかないのです。

明朝の活動のためにも、寝ることに集中するべく枕を利用するのはおすすめですねー。

高速バスでの過ごし方その2: 隣の人に話しかけてみる


これはですね、ケースバイケースと思います。僕の場合は話しかけられるの辛いです。笑

気が合って話が弾むことはなかなか無いかと思いきや、この間宮城から東京に帰って来る時に後ろの座席のおっさん二人は初対面なのにも関わらず仲良く話をしていました。

一方で、おっさんに若い大学生が話しかけられて大学生が大変困っているという光景も目撃したことがあります。笑

隣の人の様子を見て、話が出来そうな感じの人であれば話しかけてみるのもいいかもしれません。

思わぬ出会いがあるかもしれないです。

高速バスでの過ごし方その3: 楽な格好で過ごす

これはおすすめです。すっぴんでいいと思います!

最近の高速バスは見知らぬ男女が隣同士にならないように座席が決められます。

すなわち、運命の出会いも起こりにくいので、すっぴん、スウェット、メガネで問題なし!笑

長時間の乗車なので、楽な格好をして疲れないようにしていきましょー。

高速バスでの過ごし方その4: 音楽を聞く


音楽を聞くことは移動中の定番ですよね。高速バス内でも例外ではありません。

僕の場合は、まだ聞いたことが無いアルバムを2, 3枚スマホに入れておいて、聞きたくなったタイミングでアルバムを最初から最後まで聞きますね。

聞いてる途中で眠くなって眠るのもまたよし!

高速バスに音楽は外せませんねー。

高速バスでの過ごし方その5: 水分を控える


水分はほどほどに控えた方がいいと思います。

というのも、1〜2時間置きにサービスエリアに寄ってはくれるのですが、事故が起こったりして予定通りのサービスエリアに時間通りに着かないことがあるんですよね。

加えて、バスの中にトイレが付いているバスと付いていないバスがあります。

トイレが付いていないバスの場合は下手にぐびぐび水分を取って、サービスエリアまで冷や汗をかいてトイレを我慢するということにならないようにするのが得策です。

高速バスでの過ごし方その6: ゲームをする


ゲームをしている人はよく見かけますね。

しかし、運転手さんがモバイルバッテリーを貸してくれるなんていうのは初めて聞きました。その運転手さん優しいですねー。

最近の高速バスのコンセント事情なのですが、コンセント付きの高速バスが増えてきましたね。

そのため、ゲーム、音楽、映画など充電切れを気にせずに何でも楽しめます。

ただ、まだコンセントが無い高速バスも存在するので、その場合はモバイルバッテリーが必需品です。

モバイルバッテリーと言えば、Ankerですよねー。僕はAnkerのモバイルバッテリーを愛用しています。

下記なんかは、小さくて軽くて大容量という大変な優れものです。価格も2500円以下とお手頃で、コスパ最強です。

よろしければお試しあれー。

高速バスでの過ごし方その7: 酔い止めを飲む


酔いやすい方は、酔い止めを飲むのをおすすめします。

僕は高速バスで吐いた人を見たこと無いかもですね。

もしかすると、事前に酔い止めを飲んでいらっしゃる方が結構いるのかもしれません。

高速バスは高速をずっと走っているわけなので、そんなに急ブレーキや揺れも無いのですが、快適に過ごすべく事前に対策を打っておくことに越したことは無いと思います。

高速バスでの過ごし方その8: ブランケットを借りる


最近の高速バスでは大体ブランケットを貸し出してくれます。

冷房は快適な温度に設定されてはいるのですが、人によっては寒かったり暑かったりすると思います。

寒かった時は冷房の調整をお願いすると、運転手さんが調整してくれます。

加えて、ブランケットも貸してくれるので借りて調整して見るのがよいと思います。

おわりに

高速バスは安いのが一番のメリットですが、その分長時間の移動となります。

快適に過ごすヒントをもう一度おさらいしますと、

  • 1. 枕を利用して寝る
  • 2. 隣の人に話しかけてみる
  • 3. 楽な格好で過ごす
  • 4. 音楽を聞く
  • 5. 水分を控える
  • 6. ゲームをする
  • 7. 酔い止めを飲む
  • 8. ブランケットを借りる

こんな感じですねー。ツイッターを見ていると高速バスを利用したことが無いというツイートもちらほら見られましたので、この記事が何かの役に立てていましたら幸いです。

それではー。

関連記事はこちら
・眠れない時どうしてる?みんなが眠るために実際にしていること 10選