他人が嫌いなあなたへ。他人へのストレスを溜めない考え方3選

他人 嫌い
Flyer vector created by macrovector - www.freepik.com

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは他人が嫌いでしょうか?

他人と一緒にいる時間よりも、1人でいる時間の方が好きだという方は結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

かくいう僕は、断然1人でいる時間の方が好きなタイプです。

他人が嫌いな方です。

他人という存在はコントロール出来ません。

コントロールが出来ない他人はストレスを与えてくる存在でもあれば、幸せを与えてくれる存在でもあります。

そのため、他人との付き合い方はストレスをためないために大切なことです。

今回は、他人が嫌いなあなたに、他人とちょうどいい距離感で付き合っていくためのヒントを書いていきたいと思います。

何かの参考になれば幸いです。

それではさっそくいってみましょー。

①他人が嫌いなあなたへ: 他人の評価は気にしなくていい。

Designed by Makyzz / Freepik

他人はコントロール出来ないと冒頭で書きました。

他人自体をコントロール出来ないので、他人がしてくる評価もコントロールが出来ません。

そのため、自己肯定感を持つために他人の評価をあてにするのは危険です。

他人の評価をあてにしても、他人は自分がしてほしい評価を下してくるとは限りません。

基本的には、自分で自分とコミュニケーションをとって自己肯定感を高めたほうが良くて、他人の評価は自己肯定感を高めるためのサブ的な位置付けが良いと思います。

僕は野球選手の桑田真澄選手の下記名言が好きなんですね。

人の評価気にしないんですよ。その人が神様だったらわかりますよ。神様でもない人がする評価なんて完璧じゃないんだから気にする必要ないんですよ。

自分らしく、他人を気にせずいていいんです。

他人がする評価は完璧ではないので、話半分にとらえておけば良いです。

②他人が嫌いなあなたへ: 他人から時間を奪われるのは嫌なはず

他人が嫌いな人ほど、他人のことを気にしていると思います。

他人からあーだこーだ言われるのが特に嫌いだと思います。

そうならないように、日頃から気を張って頑張り過ぎたりしていないでしょうか。

僕は今だにそんな感じです。苦笑

でも、ふと気づくとそんな状況って他人から与えられる不安によって自分の時間が侵されているんです。

不安によって、普段やりたいなと思っている趣味の時間も持てなかったりします。

好きでもない他人から、大切な自分の時間が奪われてしまっているなんてなんだか悔しい感じがします。

あなたは、嫌いな他人に時間を奪われることなく、堂々と自分の好きなことをやっていいんです。

どうしようもないなら環境を変えたっていいと思います。

他人を気にせず自分らしく生きるのが、ストレスを減らす秘訣です。

③他人が嫌いなあなたへ: 価値観を押し付けてくる他人は気にしないでOK

たまに、自分の存在意義がわからなくなって自分の価値観で相手を染めることによって自分の存在意義を確かめようとする他人がいます。

そんな他人の言うことは気にしなくていいです。

その他人は自分の価値を確かめたいから、価値観を押し付けてきています。

素直に付き合う必要はありません。

なんで価値観を押し付けてくるんだろうと思う気持ちを否定する必要はありません。

あなたがその他人にとって言いやすいから価値観を押しつけてくるのでしょう。

可能な場合、物理的に距離をとってその人と接する機会を減らしていくと良いと思います。

あなたの価値観も大切な1つの価値観です。

自分の価値観を軸に自分らしい人生を歩んで、価値観を押し付けてくる人は気にしなくてよいです。

おわりに

他人が嫌いなあなたに他人とちょうどいい距離感で付き合っていくためのヒントを書いてきました。

この辺りでおさらいをしておきますー。

  • 他人の評価は気にしなくていい。
  • 他人から時間を奪われるのは嫌なはず
  • 価値観を押し付けてくる他人は気にしないでOK

以上の3点です。

やっぱり、他人は他人ですね。

他人のことが気になってしまうといっても、身の回りの他人の人数はたかが知れています。

地球の人口は約70億人超。

70億人超の他人のことなんて気にしていられません。

70億人超の他人はあなたのことを知りもしていません。

だから、他人の人生を生きずに自分の人生を生きるのが良いです。

自戒の念を込めて。

また他人とちょうどいい距離感で付き合っていくためのヒントが出てきましたら、この記事を更新していきたいと思います。

それではー、自分らしくいきましょー