辛い時を抜け出すヒント5選

辛い時
Business photo created by katemangostar - www.freepik.com

こんにちは、すがどん(@sugadon0111)です。

あなたは今、辛い時間を過ごしているでしょうか。

辛い時は逃げ出したくなり消えたくなり、全くもって楽になる兆しが見えない時がありますよね。

僕はそんな辛い時に入ってしまった時は、ひたすら本やSNSを見たりして気持ちを楽な方向に持っていくように努めます。

これまで、本やSNSから辛い時を抜け出すヒントを得てきては記事にしてきたので、ここらで辛い時を抜け出すためのヒントをまとめておきたいと思います。

あなたが、少しでも楽になることを祈っています。

それでは、さっそく書いていきます。

辛い時を抜け出すヒント①: とにかく休む

あなたが何もしたくないくらい疲れて辛い時は、とにかく休むことが必要です。

何もする気が起きないのは、単純に体力も気力も削られている状態だからです。

僕は何したくないくらい辛い時に下記本を読んで、ヒントを得ました。

この本の中で言われているのは、辛くて何もしたくないなら何もしないで休んだ方がいい。休みきったら自然とやりたいことが出てくる。それがあなたの本当にやりたいこと。というものです。

僕はこの考え方が好きです。

あなたが辛いのは、既に頑張り切っているからではないでしょうか。

頑張り切って疲れているなら、勇気を出して会社・学校を休んでみてもいいと思うんです。

一日二日ゆっくり休んだら、辛さが和らいでくるはずです。

辛い時を抜け出すヒント②: 何かに頼る

もし、あなたが心細くて辛いならテレビでもSNSでも友達でもなんでも頼ったほうが良いです。

孤独で辛いなら、いま話し相手サービスなどの孤独を和らげるようなサービスも普及してきているので利用してみるのもいいと思います。

1人で抱え込まずに、頼れる人に頼ると良いです。

ゲームやSNSをやって気を紛らわせるのもいいと思います。

ツイッターを見ていると、心細くて辛い時にすることは十人十色ですね。

まずあなた自身が自分の辛さを認めて労ってあげて、自分が手の伸びやすいことで辛さを解消すると良いと思います。

辛い時を抜け出すヒント③: 気持ちをリセットする

一度、何かをして気持ちをリセットすることで辛い時を抜け出すのも一つです。

辛いことがあったら気持ちをリセットして、再スタートする感じですね。

ツイッターを見ていると、辛くて気持ちをリセットしたい時に人はその人らしいやり方で気持ちをリセットするものなのですね。

食事・睡眠・エンタメなど、様々な気持ちのリセット方法があって興味深いものです。

辛い時を抜け出すヒント④: 憂鬱な気分を晴らす

憂鬱で辛いというときも、あなたの手が伸びやすい方法で気分を晴らすのが良いです。

ツイッターを見ていても、憂鬱な気分を晴らす方法は様々です。

カラオケ、ものづくり、料理、アニメ、雑誌、音楽など様々な方法で憂鬱な気分から抜け出そうとしているようでした。

あなたも、心の赴くままに憂鬱な気分を晴らしてくれると思えるものに手を伸ばせば良いです。

辛い時を抜け出すヒント⑤: 自分に合った道に進む

何か辛いと感じる時が多いとき、そもそもいま歩んでいる道が自分に合っているかどうか確かめてみるのがいいです。

そもそも、自分に向いていないことをやっていていいパフォーマンスも発揮できない日々が続いたら辛くなるのも当然です。

僕は夏目漱石の私の個人主義という本を読んでから、自分に合った道を歩むことの大切さを再認識しました。

自分らしい道を見つけると、他人なんて関係なく思えてその道に没頭するようになります。

没頭していると、辛い気持ちというのはどこかに吹き飛んでいるものです。

ちょっと立ち止まって、いま歩んでいる道を改めて考えてみる時間を持つといいです。

自分の道の棚卸を行なうことで、辛い時を抜け出すきっかけになります。

おわりに

ここまで、辛い時を抜け出すヒントを5つ見てきました。

ここらでおさらいをしておきますー。

以上の5つになりますー。

まずはゆっくり休んで、手が伸びるものからゆっくりやっていけば辛さは和らいでいくと思います。

あなたがいま抱えている辛さがやわらぎますように。上記5つのヒントが参考になれば幸いです。

それでは。